好きを発信するサイトです。
スポンサーリンク

リリイ・シュシュのすべて

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

岩井俊二映画祭のYouTubeアカウントにて
『リリイ・シュシュのすべて』期間限定配信 10/6(金) 〜 10月12日(木) 《『キリエのうた』10/13公開決定記念》
が配信されていたので鑑賞しました。

小説を持っていたと思うのですが、安定の積読です。
スワロウテイルとウォーレスの人魚は既読。

リリィシュシュ初めて見ました。

冒頭、長いこと田園風景と文字読むのめんどくさくてスルーし
やっと人が話しはじめたので画面を見たら証券を燃やしていた・・・
は?
(巻き戻して)スッたのか!っとキレる。

これは登場人物の誰にも感情移入ができないだろう・・・と覚悟を決めて観る。

スリ、万引き、いじめ、援交斡旋、事故、倒産、一家離散、強姦、自殺、殺人

田舎のだだっ広く開放的で叙情的な風景に反し
登場人物の取り巻く世界がドス黒い。

なぜ、そうなる???

という方向にズンズンと進んでいく若者を見て苦い思いをする。

岩井俊二作品は登場人物の行動が読めず
どこか無機質で物っぽいと思っています。
もしくは、死んだ魚の目をしてる。

自ら光など宿らない。
それでも暗闇をただよいわずかな光を見つけて終わる。

これを見て、
「ビョーク主演のダンサーインザダークを一回は観てみたいなぁ」という気持ちを思い出しました。

スポンサーリンク
MOMOKO

愛知県安城市在住。
食、マンガ、ゲーム、映画、鳥が好きです。

MOMOKOをフォローする
映像
スポンサーリンク
シェアする
MOMOWORK | PLAY

コメント ご意見ご感想お待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました