好きを発信するサイトです。
Momochan

Amazon Kindleインディーズマンガ「モモちゃん」配信中

詳しくはこちら

吊り橋効果の話

この記事は約2分で読めます。
MOMOKO
MOMOKO

自分でないと自分を救えない。
その極限状況がある意味好き。
(ある意味であって、マゾではないので基本的には嫌いです。)

中学生頃からのモットーが
「逆境こそ楽しめ!」
というものなのでたぶんそこから来てるのではないかと思います。

ちなみに現在は、犯罪者、準犯罪者でない限り嫌いな人は作らないようにしていますし(同じ空気にあるだけでストレスかかるので)、すべからく好きよりな人(事実はどうであるかは関係ない。)だと思うようにしています。

バトロワゲームにおいて何度か人間関係がぐちゃっとなることがあるのですが、
私が嫌われる分には全然構いません。
私の方からは、犯罪者でない限りは、好きよりの人のままないい思い出です。
(通りがけに女子中学生殴ってくおっさんに比べたら全然マシです。)

自分の許容範囲が広いので、
何か悪いことをしたのかな?っというのが気になるところですね。

あとは、
怒られることが嫌いですが
「私が悪かったんだろうな。」っと思いはするし
「言ってることが矛盾してるな・・・それは正しい・・・」
とか後から考えたりするので怒る人には、嫌悪はないです。

「人を諭す方法は、頭ごなしに何かいうより、もうちょっとあるだろうに・・・」
と思うだけですね。

ちなみに、現実で吊し上げというか糾弾する際は、
証拠集めと根回しを頑張ります。
良いと思うものを作りたくて頑張っているわけで、本気なので・・・。
そこまでやるのか・・・と自分でも、自分が怖いです。

策士策に溺れる!

ということもあるので、ほどほどが良く、フルで頭など使うものではないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました